安全と関係法令の遵守は企業経営の根幹です。
当社では責任者はもちろん、法令遵守の徹底、車両の点検整備、従業員の健康管理など社員一丸となって取り組み、日々向上を目指します。

当社は、輸送の安全は経営の根幹、安全運行はプロドライバーの社会的使命と考え、防衛運転に徹します。

基本方針・目標・計画・重点施策・教育及び研修の計画・内部監査・自動車事故報告規則第2条に規定する事故報告を公開いたします。

運輸安全マネジメントに基づく情報公開について(2019年4月1日)

弊社は、全国貨物自動車運送適正化事業実施機関である公益社団法人全日本トラック協会より、安全性優良事業所として認定され平成29年1月1日付で「Gマーク」を取得しました。

【Gマークとは】 一般貨物自動車運送事業の許可を受けた事業所のうち、特に輸送の安全に取り組み一定の基準をクリアした事業所として評価され、全国貨物自動車運送適正化事業実施機関である公益社団法人全日本トラック協会より認定される制度です。

全車にドライブレコーダーを搭載し、事故後の対応はもちろん、事故の防止に活用しております。
記録された映像を見ることにより、運転者はヒヤリとした瞬間を客観的に振り返る事ができ、自分では気付き難い運転特性を確認し、安全運転に対する意識の向上に努めております。
また、その映像に基づき全従業員へ交通安全教育を実施しております。

過積載は事故発生時に重大事故へと発展する可能性が高い為、当社では当然ながら積載量をオーバーすることがないように貨物管理を徹底しております。

デジタコの結果を確認し、安全運転・エコ運転の指導を的確に実施しております。
その為、ドライバーの意識も日々高まっております。

当社では自動車NOx・PM法に基づき定められた方針を順守しています。
また、それに伴い従業員に指導・教育も実施しております。

当社では運行管理者と整備管理者などの育成を重視しておりますので、資格取得に向けてサポート致します。
そうする事により、従業員の責任感・安全への意識向上にも繋がっています。